スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日、アメショたんの尿検査をしてきたけど
微妙~に良くなってる程度、というか機械の誤差の範囲内であり、
ほとんど前回と変わってない(つまり良くなってない)、、と言われました

先週に錠剤から注射に切り替えてから、シッコの色は、見た目的には
随分良くなってて、パッと見で「なんか赤い!」「なんか茶色い!」っていう
頻度が回数的にも随分少なくなってきてたので、きっと多少は
良くなってるんだろうと希望を持ってたのにな~(ノД`)
見た目的には普通の色に見えても、潜血反応ちゃんとあるのね…。


続きます

錠剤と注射とで抗生物質を与えて、もう3週間ほど経過するのに、
ちっとも効果が出ていない。
ので、やはり膀胱ではなく腎臓にある石が原因で出血してる可能性が
高いということでした。

この前から先生が何度か、チラッと、石を取り出す手術のことを
口にしていて、ビビりなわたしはそれが内心すごーく気にかかってたんだけど、
前回もやっぱり手術のことを話し出して。
今すぐどうこうという緊急性はないけれど、石が悪さしている可能性が
ある以上、治療法の一つとして手術のこともゆくゆくは考えといて
ください、という前フリでしょうかね…。。
先生の話をわたしなりに纏めると、手術自体は割と簡単なものだけど、
当然手術自体が腎臓に負担をかけるので、色んなリスクが出てくる、って感じ?

腎臓って2つあるけど、今のアメショたんの腎臓は、どちらの腎臓が
どのくらい正常に機能しているのかしてないのか、そのへんは分かんない
らしい。(切るまで分からないってこと??)
多分、石のあるほうの腎臓が弱ってる腎臓だったら、手術してももう一つの
元気な腎臓が本来の働きをカバーしてくれるからいいけど、もし逆だったら
機能不全になるので危ないってことかな。。
だとすると両方の腎臓自体が弱ってても、やばいってことよね。。
帰ってきて気になってネットで調べてみたら、やはり手術自体はそう
難しいものじゃないけど、術後の腎臓に関するダメージが
どれくらい出るのかが分からないみたいで。
石は無くなったけど、結果的に腎不全の症状が重くなってしまった、みたいな
猫ちゃんの体験記もあったりして、すごく怖くなりました。
あと石の出来やすい体質の子って、せっかく取り出しても、また
何年かして出来るらしい。。

病院から帰ってきてから、ここ数日ずーーーっとこのことばかり
イロイロと考えてしまって、超ブルーです・゚・(ノД`)・゚・。
クリスマスがなんじゃい!って気分。

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
# -
2010/12/23 (Thu) 13:57

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nekoshashin #- - URL
2010/12/27 (Mon) 21:26

鍵コメさん
色々とありがとうございます。鍵コメさんも患ってたことが
あるんですね!ビックリした!
調べてみたら、日本ではまだ動物に対する治療で
レーザーは導入されてないらしくて・゚・(ノД`)・゚・。ウワーン
イギリスではレーザー治療は始まってるみたいなんだけど。
人間用のを当ててもらうことって出来ないのかしら…。。
石自体は2年前から持ってたので、温存療法というか、血尿さえ
治まってくれたらそれでいけると思うんですがねぇ。。
切ること自体、今の時点ではわたしの選択肢にはないので、
アメショたんの様子を見守りながら過ごすしかありません(^^;

お年賀楽しみにしてま~すv-238

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。