スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステロイドの副作用

先週、アメショたんのお薬を貰いに病院へ。
経過が順調なので今回は問診と触診だけで、検査はナシ。
てっきり血液検査するのかなと思ってたんで、意外。
血液検査は次回にってコトかな。。
アメショたんは痛い思いをすることもなく、すぐに診察が終わったんで、
狐につままれたような「え、もう帰れるん」ってお顔してました(笑)
すぐ帰れて良かったね(*´ω`*)


続きます

今回から、1日1錠だったステロイドが、1日おきでOKということに。
えっ、減らして大丈夫なのっていう反応をしたら、かかりつけ医は
「大丈夫大丈夫。この子くらいの状態だったら、1日おきくらい
なんら問題ないよ」って感じの返答。
去年の手術直後は、しばらく1日半錠の投薬だった時期もあったし、
1日半錠=1日おきに1錠とは量的に一緒な訳だから、大丈夫だよね。うん。
何より、今は以前と違ってウンチの状態がとても安定してるのもあって、
先生も減薬のGOサインを出したに違いない。
以前から先生は、この子の疾患を考えたらステロイドは一生続けなきゃ
いけないと考えといてください。でも量は減らしてもいいかなとは
将来的に考えてます、的なことは言ってたので、その時期がきたのかも。


…あとは、副作用のこともあっての考えだと思う。
実はブログには書いてなかったけど、2月、久しぶりにアメショたんの
尿検査を半年ぶりにしたら、ナント尿糖が下りてました。
朝イチのオシッコを持っていったので、夜~朝の間に血糖値が
グーンと上がった証拠。
もともとアメショたんは、ここ数年血糖値は正常範囲内でもギリギリ、って
いう微妙なラインだったので、膵炎を患ってることもあって、いつかは
糖尿病を発症するリスクが高いだろうと、わたし自身覚悟はしてました。
ステロイドには、糖尿病の副作用もあると知っていたし、いよいよその時が
来ちゃったんだな、、と一瞬すごく落ち込んだけど、
その日にやった血液検査では、血糖値は普段と変わらず正常範囲内。。
ステロイドの副作用で一時的に血糖値が上がる可能性もある、と言われて
次回検査まで様子を見ることに。
心配性のわたしは様子を見るだけじゃイヤだったので、その帰りに薬局に寄り
尿のグルコース検査紙を購入。
夕方のオシッコで早速検査してみたら、今度は無反応。
アレレ? どういうこと?  

その後3日ほど連続してモニターして分かったことは、

夕食以降のオシッコ(夜中、または朝に出すオシッコ)では尿糖反応がアリ。
それ以降の、午後~夜(夕食前)にかけてのオシッコでは無反応。

やっぱりが怪しい。ステロイドは、夕食後に投薬してるし。


先生が今回ステロイドを一日おきにしてみようと提案してきたのは、
減薬を始めるタイミングと、今回の副作用の件がちょうどうまく(この言い方、
語弊があるけど)重なったからだと思う。

ネットで調べたら、隔日投薬に関してはこちらのページで、

プレドニゾロンは約24時間ですべて尿中に排出されます。
そのため下記の図のように投与後から排出までゆるやかな弧を描くように
作用が上下します。
ステロイド剤の内服を1日置きにすること(=隔日投与)はステロイド剤が
体内に残留しない時間ができますから副作用の心配がかなり
軽減すると考えられています。


っていう記述もあるので、ある程度は有効みたい。

「引き続きオシッコの状態をみといて」と言われ、わたしも気になって
いたんで、早速ステロイド投薬がナシの日、夜中にしたシッコで検査してみたら、、

やっぱり、反応ゼロ ・゚・(ノД`)・゚・。

ステロイド、犯人はやはり貴様かぁぁーーーーー!!
これで副作用ってことがハッキリした。
本当の(?)糖尿病に突入した訳ではなくて、ちょっとだけ安心したけど。

でもね、、先生も言ってたように完全にステロイドを切ることも
出来ないだろうし、、これから先、どうすればいいんだろうね。。
ステロイドっていうのはとても便利なお薬で、あらゆる疾患、症状に
幅広く効果が出る反面、その代償のようにあらゆる症状の副作用が
出るという、怖いお薬でもあります。
アメショたんのリンパ腫の再発と腸管の炎症を抑えてくれてる、
わたしからしたらとても有難いお薬だけど。
血糖値が上がっちゃうってことは、膵臓にも負担かけてるってこと
だよね…。 うーーん、難しい。。

1日おきにすることで何とか副作用が軽減したら
いいんだけどな。。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。