スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケアプロスト

睫の育毛に関してはずっとリバイタラッシュを
愛用してましたが、なんせお高い( ̄▽ ̄;)
ここ1年以上はお値段の都合で、よりお手軽なラティース・ルミガンのジェネリック品
ケアプロストを使ってました。
輸入代行サイトだと2000円弱で買えるしね。

でもこのケアプロスト、なんだかんだで4、5本くらいは
リピしてるけど…どーも、伸びがイマイチというか
リバイタラッシュみたいに「わっさー」と生えてくる手応えが少なかった。
で、春先から一度ケアプロストより少しお高めの「ルミガン(ミドリ蓋)」を
試してみました。
lumigan.jpg
(画像はお店からお借りしました)

そしたら中身は同じハズなのに、明らかにルミガンのほうが
良く伸びてた

ケアプロストがこのルミガンのジェネリックだから、差があって当然…なのか?
でもたまたまなのかもしれないし、ルミガン塗り始めたのと同時期に
アイクリームとフェイスクリームをコッテリ系からアッサリめの物に変えたのよね。。
一番最後に目のキワに塗るものだから、浸透の問題とかでひょっとして
そういうのも影響あったのでは…、とか色々考えてます。

今回その辺をもう一度確かめたくて、再びケアプロスト買ってみた。

DSC04112_20120821224122.jpg
これでもやっぱり伸びが悪かったら、わたしにはルミガンのほうが
合ってるってことだよね

…まあ一番効果あるのはリバイタラッシュなんだけどさ(笑)
節約、節約 ・゚・(ノД`)・゚・。

今回、ついでに過去の睫育毛の記事をカテゴリ分けしました。
んでリバイタラッシュ使ってるころの画像を改めて見てみたら…
すっっごい長いんですけどぉーーーーー
自分で見てビックリしたよ。ええっ、こんな伸びてたの?と。

ただ、この頃は睫メイクはガッツリ命だったから、ビューラーでしっかり上げてから
エレガンスの下地&エレガンスのロングラッシュマスカラをてんこ盛りでした。
強力なマスカラ繊維の実力もかなりあった。(ハズ)
(おかげでメイクオフするのに毎晩苦労した)

今は睫になるべくダメージ与えたくないからビューラーも使わないし、
下地もナシ。年齢に合った自然な目元になるよう、フィルムタイプで
ササッと仕上げてるだけなんで、「手間隙の差=睫の長さの差」
として出てるだけなのかもしれない。
今もガッツリ睫メイクしたら、昔と同じくらいの長さになるのかな~(´・ω・`)

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。