スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な光

今日の夜、ワンコと散歩していて、「あ、ちょうど去年の
今頃だったなあ…」と、ふっと思い出した不思議なことがあったんで、書いておきます。
当時記事にしたかも…と思って探したけど、やっぱり書いてなかったみたいなので


長文ですが。続きます


時間は、夜の8時前くらいでした。
いつもウォーキングのときは、地元を南北に走ってる線路跡に作られた遊歩道をメインに、
隣町~町内一周する感じで歩くんだけど、その夜いつものようにワンコを連れて遊歩道を歩いていて、
ふと前方に何気なく目をやったら、遠くにある家々の上空に、ポカッと一つ、金色の
何かが光ってるのが見えました。
それがちょっと面白いカタチをしていて、桃缶あるでしょ。あれみたいに、縦の長方形なの。

4902511001698.jpg
(イメージ画像)

で、それがめっちゃ金色に光ってるの。
ギラギラギラ~ッって感じで、光るというよりもまだらになって輝いてる。
その家は、わたしが立ってた場所から距離的には1キロくらいは先だったかなあ。。
その時点でわたしは隣町まで歩いてきていて、Uターンして自宅方面に引き返した
ばかりだったから、方角的にはうちの町内。
飛行機とか、星じゃないのはすぐわかった。
なぜって、その光は結構低い位置で光ってたので。
その家の2階の屋根から、目視でさらに5~10メートルは上でぴたっと止まったまま、
ギラギラギラッと…。点滅もせず、ずーーーっと光ってました。
最初は「綺麗な光やけど、なんやろアレ」って思いながらワンコと歩いていて、
どんどん近づいていくにつれて、ちょっと気味悪くなってきちゃって。
だって浮いてる高度があまりにも低すぎるから、もしあれがUFOだったら
近すぎて逆にヤバイ! 発見されて誘拐されちゃうかも! って思って( ̄▽ ̄;)アハハ
でもやっぱり好奇心ってのがありまして、どうせ帰る方角だし怖いもの見たさで
正体を確認したい。
それで急いで、小走りで近づいていきました。

途中、遊歩道のすぐ側に建ってる大きなお家を通り過ぎたとき、完全にその方角が
死角になってしまい、通り抜けるまでのほんの10秒ほど視界が遮られちゃって。
走ってやっと抜けたと思ったら、もうその光が消えてしまってました。
えええーー、さっきまで光ってたのに!!
その家とは、500メートルくらいまで近づいてたでしょうか。
何だかキツネにつままれたような気分でした( ̄▽ ̄;)

納得行かなかったので、帰り道のルートを変更してその家のすぐ近くを歩いて
確認しにいったけど、屋根の上にライトとかそういう設備もなかったし、そもそもド田舎なので
本当に辺りは真っ暗なの。
あのギラギラの光と見間違うようなものは一切ないし。。
「…うわ、やっぱこわーっ」と思いながら、足早にワンコを連れて帰ったのを覚えてます。
あの桃缶みたいなカタチの光は一体なんだったのかなあ。
今でも謎です。。


ちょっとこの話には後日談(?)があって、それから3.4日ほど後に
町内でお葬式が出ました。高齢の方が亡くなったそうで、母親にどこの家か場所を
尋ねたら、どうも、その不思議な光が浮いてた家っぽい…(汗)
あのギラギラの光とお葬式が何か関係あるのかどうか分からないけど。
やっぱり怖っ、、とゾクッときた出来事でした。



こういう話が大好きな友達に話したら、「そもそも魂が丸いだなんて決まってないし、
やっぱりそれは亡くなった方の魂だったんじゃないかなあ」と。
わたしは桃缶型UFO説を推したいんだけどね~(´・ω・`)
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
# -
2012/12/14 (Fri) 02:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

nekoshashin #/HbjgtQ. - URL
2012/12/17 (Mon) 02:56

鍵コメさん
うわぁ、その案面白い~(*σ∀σ*)
なるほどなるほど、容れ物かあ…。。うんうん。
なんか感心しちゃいましたv-238
それ採用します(笑)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。