スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アクセサリーのお直し

長年愛用してたホワイトゴールドのペンダント。

1年中つけていて、お風呂でも特に外したりせずにいたら
ロジウムメッキが剥がれてきちゃったんでしょうね。
地のゴールドの黄ばみが気になってきちゃって、これ何とかならんもんかな~
色々ググッてたら、ロジウムメッキかけ直しをしてくれるリペアのお店を発見。


続きます

もちろん地元の宝石店でも頼めばやってくれるかもしれないんだけど、
おそらく外注修理になるだろうし、高めの手数料&修理代を取られる可能性もアリ(^^ゞ
※ロジウムメッキかけ直しはたいていペンダントは500円~1500円程度なので
それ以上の高額な値段を提示してるお店は確実にボッています。

ネットの方がやりとりが早いし、まあ「どんなもんかな~?」くらいのお試しの気持ちで
良さそうなお店に見積もりの末、修理をお願いしてみました。

これね。特にチェーンがすごい黄ばんでるでしょ~(^_^;)
ホワイトゴールドが一番好きなんだけど、指輪とかは確実に悲惨なことになるから
買う時に悩むんだよね。。
DSC_4797~2
クロス部分の一番下が(自動ドアのガラスに思い切りぶつけた衝撃で)右に曲がってます。
これもまっすぐ直せないか相談したら、直す際に地金に熱を与えるのでもしかしたら中の
石が割れる可能性もあります、というお返事。
万が一割れたらイヤだな~と思って、それはお断りしました。
結局メッキかけ直しと、チェーンが40センチで少し長すぎるのが不満だったんで
38cmにカットの2点お願いすることに。

これは修理前。
DSC_4797.jpg
左のプラチナのネックレスと並べたら黄ばみが一目瞭然!

DSC_4798~2
この一粒ダイヤのネックレス、母から譲ってもらった当時はまだギリギリ20代だったんで
立て爪のデザインがすごく古臭~く感じて全然嬉しくなかったの。(←贅沢)
しかもチェーンが42センチでわたしにはあまりに長く使いづらいのもあって、
長年ずーっと宝石箱に仕舞ったままでした。(しかも途中何度か無くしたりした。笑)

でも最近になって自分の年齢が追いついたからか、はやりの覆輪タイプよりも剥き出しの
立て爪のほうがかえって新鮮な気がしました。
自分の好き嫌いの感覚って変わるもんだね~(´m`)
ついでの機会に…とこちらもチェーンの長さを38cmにカットしてもらうことに。
もう少し短く36cmにするか随分悩んだけど、定番の38のほうが安心かなあということで。

(後日届いたのをつけてみて、やっぱり36にしとけば良かったと後悔)

修理が済んで届いたのがこちら。
クロスのペンダント、新品みたいにキラッキラの輝きを取り戻しました。感激
DSC_4851.jpg
新品仕上げもしてもらったので、プラチナのダイヤネックレスも黒ずみが取れて綺麗~になって
帰ってきたわ。感激。

結局ロジウムメッキよりも、2本のチェーンのサイズ直しのほうに
お金がかかってしまいました(笑)
でもこれで眠ってたアクセサリーも生き返るんだから安いもん。
修理お願いしてみて良かったです。
また毎日ガンガン使おうと思います\(^o^)/

※例のハートのペンダント。
今度はまた違うお店で近々修理に出してみる予定(笑)

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。